デリケートゾーンの専用ソープで正しいケア。【乾燥・かゆみ・ニオイ】が気になる人向け。

デリケートゾーンのお手入れ

こんにちはミナミです。

今日は、デリケートゾーンのケアについてのお話です。

・乾燥
・かゆみ
・ニオイ
・おりもの

などなど、女性にとってデリケートゾーンのトラブルはつきもの。
実際に私も少し前まで、乾燥・かゆみ・ニオイで悩んでいました😔

そんな時って、単純にしっかり洗えば解決すると思って、実際私もしっかり洗っていました。
でも実はそれ、本当に正しいケアではなかったんですよね・・・。

洗っても洗っても症状が良くなるどころか、一向に良くならず、むしろ悪化しました。

今回みなさんにお教えするのは、
上記のようなデリケートゾーンのトラブルが、ある事を変えるだけで、良くなった体験をお話ししたいと思います

実際に私は今、それを改善したお陰で、不快感から解放され快適に過ごしています💕

ということで、私の体験談を交えていってみましょう〜

1人で抱える、デリケートゾーンの悩み。

お腹イメージ

デリケートゾーンの悩みは、人には言いづらく、1人で抱え込んでしまうんですよね〜。
病院へ行きたくても、なかなか勇気が出ず…
実際、私もそうでした。

毎日綺麗に洗っているし、人一倍気にして清潔を心がけているのに、

・ニオイが気になる(特に生理中)・・・
・痒くてムズムズする・・・
・乾燥して、ティッシュで拭くと擦れて痛い・・・

「昔はそんなことなかったのに、なんで何だろう。歳のせい?」

「もしかして病気なんじゃないの?」

とにかく、この不快感が私をネガティブにさせていました。

間違っていたデリケートゾーンのケア

クレンジングイメージ

実は、その不快を引き寄せていた原因が、
いつも私が行っていたある習慣が引き起こしていたとは・・・

その習慣とは、

トイレでのビデ洗浄
(私の場合、1日に何度も行なっていた→皮膚のバリア機能低下

お風呂の時、念入りに石鹸で洗う
(私の場合、石鹸でごしごし何度も洗い過ぎ!→皮膚のバリア機能低下

清潔のため、おりものシートを使用
(私の場合、年中使用していた!→蒸れの原因・雑菌の繁殖

一見、誰でもやっていそうなことなのですが、
実は私、カッコの中に書いてあるように、これらをやり過ぎていたんです。

実際やり過ぎるとどうなるんでしょうか?

洗い過ぎによる悪循環
必要以上にビデを使う・石鹸でゴシゴシ洗う

皮膚のバリア機能が失われる

乾燥やニオイの原因の雑菌の繁殖

肌トラブルが起きる
(乾燥・かゆみ・ニオイ)

まさに、私のデリケートゾーンではこんな風にやり過ぎによる悪循環が起こっていたんですね〜。

洗い過ぎれば汚くなる!?

人の皮膚には本来常在菌という菌がついています。

皮膚の箇所によって菌も様々なのですが、もちろん女性の膣にも沢山の菌が住み着いています。
その中でも、デーデルライン桿菌(かんきん)という乳酸菌の一種の菌は、膣内を酸性に保ち、雑菌の侵入を防ぎ、細菌感染から守ってくれている「ありがたい菌」なのです。

ですが、洗い過ぎなどにより、本来最近から守ってくれる「ありがたい菌」までも洗い流してしまい、結果、雑菌が繁殖しやすい環境が出来上がってしまうのです。

清潔のためにやっていた事が、まさか不潔を引き寄せていたなんて・・・なんだかショックですよね。
洗い過ぎは良くないんです。

デリケートゾーンを、体と一緒に洗っていませんか?

今までの私は、体もデリケートゾーンも全て同じ石鹸でキュッキュッとなるまで洗っていました。

ですが、私が普通使っていた石鹸やボディーソープのほとんどがアルカリ性だったんです。
アルカリ性だと、デリケートゾーンを洗うのには洗浄力が強すぎ、かえってトラブルの原因になってしまいます。

「じゃあ、どんなもので洗えばいいの?」

そんな時、弱酸性のデリケートゾーン専用ソープなら、お肌を弱酸性に保ちながら雑菌を洗い流してくれ、さらには、タンパク質汚れにも強いので、ニオイの原因もすっきり洗い流してくれます。

実は、欧米ではデリケートゾーンは専用ソープで洗うのが当たり前なのだそう。
なので、ボディーソープで一緒に洗っていると言うと驚かれたりもするそうなんです。
最近ようやく日本でも、CMや雑誌などでも見かけるようになりましたが、デリケートゾーン専用ソープの認知度はまだまだ低いんですよね。

スポンサーリンク

デリケートゾーン専用ソープを購入

サマーズイブと言う事で、私もデリケートゾーン専用ソープデビューすることにしました!

私が選んだのは、Summer’s Eve(サマーズイブ)のフェミニンウォッシュ
サマーズイブはもともとは医療品メーカーでした。
現在は、フェミニンケアブランドで米国No,1の実績をもつブランドで、安心の信頼と品質で世界中から愛されているブランドです。

最近はドラッグストアなんかでも見かけるようになりましたよね。

お値段もお手頃なので、手軽にデリケートゾーンのケアが始められます。

Summer’s Eve(サマーズイブ)のフェミニンウォッシュを使用した感想

初めてのデリケートゾーン専用ソープ
デリケートゾーン専用なんて、なかなか贅沢な気分です。

使い心地は、少し泡立ちの悪いボディーソープといった感じです。例えるなら、赤ちゃん用のボディーソープかな?
キュッキュッとした洗い上がりではなく、洗い流した後も潤っている感じです。

香りは、フローラルソープでとても優しい感じの香りです。

今まで、デリケートゾーンと言っておきながら、デリケートに扱っていなかったなぁ〜なんて思いながら、優しく丁寧に洗ってあげました。(衣類でさえ、デリケートな素材のものやおしゃれ着なんかは、専用の洗剤で優しく手洗いしてあげるのに・・・なんてね。)

そしてお風呂から上がり、タオルで拭いた後、いつもとは違う感じに驚きました。
何だかお肌が(デリケートゾーン)スベスベしている〜😍
乾燥して、ヒリヒリしたり痒みがない!

いつもは突っ張っていた皮膚が、潤っているのを感じました。サラサラ〜スベスベ〜って感じです。

しばらく使用してみて・・・

デリケートゾーン専用ソープを購入してから1週間ほど経ちましたが、今まであんなに悩んでいたデリケートゾーンの悩みがすっかりなくなりました。

乾燥はもちろん、かゆみやニオイにも悩まされなくなりました。
もっと早くに知っていて、使っていれば良かったと後悔するほどでした。

デリケートゾーンはデリケートな場所だけあって、これからはもっといたわってあげようと思いました💕

ワンランク上のケア商品
PEACH JOHN(ピーチジョン)の「デリケートウォッシュオイル」

現在私が使っているサマーズイブのソープもいいのですが、もうワンランクアップした商品を使いたいのなら、ブラジャーで有名なPEACH JOHN(ピーチジョン)「デリケートウォッシュオイル」がオススメです。

デリケートゾーンのニオイ・かゆみ・黒ずみにPEACH JOHN「デリケートウォッシュオイル」

オイルで洗うという新発想のデリケートゾーンウォッシュ。
こすらずオイルで浮かせて汚れニオイの元をオフしてくれます。さらには気になる黒ずみ
働きかけ透明感も!

このウォッシュオイルは、塗布しただけで自然と汚れが浮き上がってくるので、こする必要はありません。そのため、お肌への負担が少なく、オイルでしっとりとした洗い上がりになります。

ちなみにこちらのウォッシュオイル、「バラの女王」ダマスクローズのオイル配合で、エレガントで美しい女性らしさを演出してくれます。
ローズのいい香りに包まれながら、優しくケアすれば自然と女子力もアップしそうですよね♡

国産のオーガニック素材を使っているため、敏感な部分でも安心して使えるのも嬉しいポイントです。



気になる方は、是非チェックしてみて下さい💕

まとめ

デリケートゾーンのトラブルが起きたら、
まずは普段の生活の中で、洗い過ぎやビデの使い過ぎをチェックしてみよう。

そして次に、普段の石鹸やボディーソープを見直し、
デリケートゾーンにはなるべくデリケートゾーン専用ソープで優しく洗ってあげること。

デリケートな場所なので、是非デリケートに扱ってあげましょう。

補足
この記事は、私自身の「デリケートゾーンの洗いすぎによるトラブルが、デリケートゾーン専用ソープを使うことによって良くなったという体験談」です。
万が一、デリケートゾーン専用ソープを使っても症状がおさまらない、もしくは症状が悪化してしまった場合には、洗い過ぎによるトラブル以外の何らかの原因があると思うので、
その場合には、自己判断せず、すぐに病院を受診して下さい。

*今日のブレイクタイム*
ストーレートティー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です